FC2ブログ

アテマチガイパーマネント BLOG

明大劇研出身の山村遊哲とヲザキケンタロウによる演劇ユニット、『アテマチガイパーマネント』のブログです。公演情報と稽古場日誌を乗せていきます。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公演後日誌 (株)ゆとり

アテマチガイパーマ「身勝手な王国」終演いたしました。

当日お越しいただいた皆様、アンケートのご記入もありがとうございました。
今後の参考にさせて頂きます。

私が4月から社会人になるため、芝居を初めて10年の区切りとして出演をしました。
この際ですので、技術面やらなにやら反省はしません。

今回は、もう何も考えずに自分のやりたいことをやりたいようにやらせて頂きました。
お付き合い頂いたお客様もアテマチのみなさんも本当にありがとうございます。

いろんな想い出が走馬灯のように再生され
千秋楽前に舞台裏で感極まって泣きそうになりました。

ちなみに前日の夜にも、共演者の人たちにお手紙を書いてワーワー泣いてました。

私の初舞台は小学校4年生の時。妖精のお母さんの役でした。
その次の5年生では学級崩壊に悩む先生の役。
中学2年生のオズの魔法使いの西の魔女の役。
中学3年生の時は双子のお母さんの役。
他にも色々あったけど、この1年で出た芝居での役はすべて更年期の女性・・・。

振り返ったらやっぱりおばさん役が多かったです。
でも自分で味付けした結果がおばさんだったから、やっぱり私がおばさんなのだと思います。

終わった後も、ひょっとしたら、もう皆とお芝居ができないかも知れないとか色々考えると
とても寂しくなって一人ホテルでメソメソ泣いていました。

高校時代からのお付き合いがある吉田さんとともちん
act orchで知り合えたヲザケンさん、ゆうてつさん、にっしーさん、うっちー
アテマチガイパーマで知り合ったなおみん、ボッスン、凌くん

出会ったタイミングはみんな違うけど、
お客さんを始めとして、手伝ってくれた晴海の子や劇研の方々もみんな大好きで大切な人たちです。

いろんなことが重なっていたこの時期に、やはりお芝居をやろうと決意して
やり遂げたというのは私にとって大きな自信になりました。
思い残すことなく、次に進めます。どうもありがとうございます。

でも、人のお芝居見たらやっぱりお芝居したくなっちゃうんだろうなと思います。

今回の反省点、強いて言うなら1つだけ。
両手の中指を突き立てて、やや可愛い声で「f◯ck off ♡」というのが口癖になったことでした。

はしたないので気をつけます。fu◯k off ♡

みんな大好き♡
みなさんごきげんよう♡

スポンサーサイト

公演後日誌 内田

アテマチガイパーマネント「身勝手な王国」
無事公演終了することができました。
共演者、関係者、来ていただいた皆様、この日誌をごらんの方々には御礼申し上げます。

年明けすぐくらいから始まった今回の稽古ですが、まず最初の一月は全員が揃うことは皆無。脚本は完成しておらず、なかなかの出だしを見せました笑

自分のこと含めどうなるかなーと思っていましたが、2月には脚本もあがり、本番が迫ると稽古の空気もクッとしまっていきました。
きっとみなさん「夏休みの宿題は31日にやる人間」なのですかねー。
自分はそうですけどね。

何回か共演させていただいてた方もいたのですが、共演しただけでさほど話したことない方がほとんどであとはお初にお目にかかる方々でした。
でも今ではみなさんうちだ相手でも話しかけてくれるほどの仲になっています。芝居をすると簡単に人と仲良くなれるから不思議ですよね。

さて、私が演じました。ナンニモナイ王国の王であるナンニモ・ナイ君ですが、基本的に陽気な人間だけど、他人から強くいわれると落ち込んでしまい、他人から頼られると行動力が増す、王様なのに一番衣装の露出度が高く待機中は常に寒い、というなかなか人間味?あふれる青年でした。
始まってからちょっとたったとき、役者陣が演出からキャラを演じるにあたってこうするべきみたいなのを一人一人に言ってる時にうちだは

「素のまんま」

というなんとも素晴らしい言葉をいただきました。やべー楽勝じゃんとか最初は思ったのですが、まぁ素の自分ってわかりそうでわからないっていう。
ましてナイくんは今回大切な人たちのために殺人までしようとします。
果たして本番で本当に殺意をもって(いるように)できたかときかれるとまだまだ推敲が足りなかった感は否めないです。
まぁ書いていくときりがないのですが、年明けからここまで役を通して自分を見つめるというなかなか濃ゆい時間を過ごさせてもらいました。
そういった意味でも作演の2人には今一度感謝です。
また今まで最年少であることが多かったのですが、今回は明大劇研より弟、妹?みたいな人も参加していて、ちょっと年上ぶったりもできました。…いや、できていたのかな?

やっぱり芝居はいいですね。

次回がいつになるかはわかりませんが、いつかまたこのメンバーでできることを夢みて終わらせたいと思います。

にいさんねえさん方
生意気なうちだでしたが、誘っていただき、また暖かく迎え入れてくれたこと、サポートしていただいたこと、感謝しています。また大変勉強になりました。これからも構ってやってください。

劇研ズ
結局中盤以降ボロがでて兄貴っぷりはみせつけられなかったけど、これから更に芝居に打ち込んでいく君たちの成長を楽しみにしています。まぁ兄弟ってよりは精神年齢が作用して同い年みたいなもんだね。公演腐る程見にいくよ。少なくともうちだよりは上手いので自信をもって笑

アテマチ
愛しています。心から。

では、またどこかで

3月公演のお知らせ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アテマチガイパーマネント
 『身勝手な王国』
脚本:山村遊哲・ヲザキケンタロウ
演出:ヲザキケンタロウ

ーそこにアルのか、ナイのか、よくわかっていない身勝手な奴ら。
   信じて、選んで、振る舞う様は、とにもかくにも滑稽だ。

スクリーンショット(2012-02-10 14.55.26)
スクリーンショット(2012-02-10 14.54.49)



★アテマチガイパーマネントとは…
明大劇研出身の天パ2人が、
皆さんの力を借り倒して芝居を打と
うと試みる演劇ユニット。
ともに過去、明大劇研本公演の脚本
演出をそれぞれ数本担当。

本公演は、
山村のワンシチュエーションコメディを
中心に、構成される。

パーマネントと本編の間には、
おおむね関わりはない。
役者が全員天パだったりは
絶対しない。

 

道順案内 神保町駅編

神保町駅からアートスタジオまでの道順です。
ご来場の際、お役立てくださいませ。


神保町駅A5出口から出ます。
jin1.jpg

出て左を向き、ampmやドトールコーヒーがある道を進んでください。
jin2.jpg

マクドナルドの角を左に曲がり進んでください。右手にうどん屋さんなどがあります。
jin3.jpg


御茶ノ水幼稚園のある角を右に曲がってください。
jin4.jpg
jin5.jpg

錦華公園を右にみながらしばらく直進してください。
jin6.jpg
jin7.jpg

右手に東京音楽大学発祥の地という石碑がありますので右に曲がってください。
jin8.jpg

左手に見えてくるのが会場です。

道順案内 御茶ノ水駅編

会場までの道順です。

JR御茶ノ水駅の御茶ノ水橋口の改札を出ます。
cha1.jpg


目の前に交差点がありますので左斜めに横断歩道を渡ってください。
ジェネリック医薬品の看板が見えます。
cha2.jpg


かばん屋や、楽器屋、ファミリーマート、マクドナルドのある道を直進します。
ナポリの下町食堂というお店がありましたら、右に曲がってください。
cha3.jpg

そのまましばらく直進すると、左手に『明治大学猿楽町第二校舎』という青い看板と、
男坂という急な階段があります。
cha4.jpg
cha5.jpg

そのまま男坂を下りて右手に会場がございます。
または猿楽町第二校舎の中の入ってすぐの階段を1階まで下りると会場です。
cha6.jpg


※雨の日は男坂は滑って危険ですのでお気をつけください。


プロフィール

アテマチ

Author:アテマチ
明大劇研出身の山村遊哲とヲザキケンタロウによる演劇ユニット、『アテマチガイパーマネント』のブログ。

次回公演
『身勝手な王国』
★日時
3/10(土) 14:00~/19:00~
3/11(日) 13:00~/18:00〜

★アテマチガイパーマネントとは…
明大劇研出身の天パ2人が、
皆さんの力を借り倒して芝居を打と
うと試みる演劇ユニット。
ともに過去、明大劇研本公演の脚本
演出をそれぞれ数本担当。

本公演は、
山村のワンシチュエーションコメディを
中心に、ヲザキの挿入形式のブリッジ
芝居から構成される。
オムニバスと一本物の中間値。

パーマネントと本編の間には、
おおむね関わりはない。
役者が全員天パだったりは
絶対しない。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。